LESSARマニュアルサイト > 設定ガイド > 空間認識AR > コンテンツファイル(空間認識)について > 空間認識型の3Dファイルについて(OBJ形式)

空間認識型の3Dファイルについて(OBJ形式)

空間認識の3Dファイルについて(OBJ形式)

空間認識のOBJ形式における3Dファイルの対応フォーマットは下記の通りです。

アップロード用のファイルについて

3Dファイルをアップロードする際は一つのフォルダに内に「obj、mtl、テクスチャファイル」を含めzip圧縮したデータを用意します。
詳細内容につきましては下記を参考にデータをご用意してください。

レンダリングエンジンのガイドライン

  1. 画面が小さいため細かなオブジェクトは細部までは表示できません。
  2. ポリゴンの増加に比例して、モデルの表示時間がかかることを考慮しながら作業を行ってください。
  3. 座標系の中心にオブジェクトを置いてください。
    また、エクスポートする時にその情報を含めてください。
  4. .objファイルをエクスポート可能な3DCGソフトウェアをお使いください。
  5. できるだけ簡単なモデルと、小さなテクスチャを利用してオブジェクトを作成する必要があります。

objファイルの推奨条件について

objファイルの推奨条件は以下の通りです。

mtlファイルの推奨条件について

mtlファイルの推奨条件は以下の通りです。

テクスチャファイルの推奨条件について

テクスチャファイルの推奨条件は以下の通りです。