リファラ制限について

リファラ制限について

リファラとは、webページのリンクをクリックして別のページに遷移した際の、リンク元となるページの事です。
AページからBページに遷移した場合、リンク元のAがリファラとなります。

リファラについて

LESSARではリファラの制限をかけてスキャン画面にアクセスできるページを設定することができます。

リファラが許可されている場合
特定のサイトから遷移可能
リファラ許可
リファラが許可されていない場合
特定のサイト以外からは遷移不可
リファラ制限

設定方法

ARコンテンツ編集画面の「リファラURL」に遷移元となるサイトURLを記入して設定を保存します。

写真撮影

設定したURLからスキャン画面にアクセスができるようになります。
『リファラURL』が空白の場合、制限はかからず全ての環境からアクセスができます。

仕様詳細

リファラ制御は設定した内容の前方・後方・曖昧一致で制御します。

設定例:「https://startialab.com/aaa/」を設定した場合

設定した階層とその下の階層のページからはスキャン画面にアクセスすることが可能です。

ディレクトリ指定

設定例:「https://startialab.com/aaa/index.html」を設定した場合

設定したページのみスキャン画面にアクセスすることが可能です。

ディレクトリ指定

注意点

サイト上にスキャン画面にアクセスするための二次元コードを表示させ、その二次元コードからLESSARを利用しようとした場合、 リファラは空となりスキャン画面へアクセスすることができません。
リファラは遷移元ページから遷移先URLを直接開いた時しか生成されませんのでご注意ください。

二次元コードのリファラ